ケーススタディ

ケーススタディ

「ケーススタディ」に関するまとめが集まったページです。弊社での事例をもとに、それの解決方法を紹介します。

ケーススタディの記事 最近投稿された記事

本格VR事業を手がけるディヴァースが教育事業に参入

本格VR事業を手がけるディヴァースが教育事業に参入

360度映像と3Dコンピュータグラフィックスでバーチャルリアリティ・コンテンツを開発・提供するDVERSE Inc.(以下「ディヴァース」)は、株式会社ストーリーランド、株式会社HOME360と共同で、インタラクティブな360度映像による英会話教材『VR ENGLISH LESSON』を開発した。
トプコンと東芝がインフラ劣化高速診断事業に共同参入

トプコンと東芝がインフラ劣化高速診断事業に共同参入

トプコンは29日、東芝と共同で道路やトンネルなどのインフラ設備の劣化診断事業に参入すると発表した。アスファルトの路面のひび割れを調査・診断するシステムを開発し、9月にも販売を始める。
ライカが実体顕微鏡に関する無料オンラインセミナーを開催

ライカが実体顕微鏡に関する無料オンラインセミナーを開催

顕微鏡老舗のライカが、無料のオンラインセミナーを開催する。作業用顕微鏡としてお馴染みの「実体顕微鏡」にフォーカスを当て、実体顕微鏡の種類、構成と用途、および画像処理・解析の応用まで紹介するそうだ。
はてなで話題となった自動画像補完技術

はてなで話題となった自動画像補完技術

はてなブックマークには、感銘を受けた記事に対して「これはすごい」タグをつけることが出来る。最も「これはすごい」タグが付いたのは、「Web上の膨大な画像に基づく自動画像補完技術の威力」というタイトルのブログ記事だ。
ウサギに食べ物かどうかを認識される「画像解析できるマン」

ウサギに食べ物かどうかを認識される「画像解析できるマン」

「このウサギ何者。。?」と思われるかも知れないが、膨大な画像の中から画像解析を行い食べ物か食べ物でないかを調べることが出来るシステムが「画像解析できるマン」だ。
テレビに最適化した顔認識技術により視聴体験の質を定義する「TVISION INSIGHTS」

テレビに最適化した顔認識技術により視聴体験の質を定義する「TVISION INSIGHTS」

視聴率とは、モニター世帯の中でテレビで特定の番組をつけている世帯の割合を示したもの。しかし、実際にテレビがついているだけで寝てしまっている状態や、ながら視聴のような状態までは調べることが出来ない。最近では録画視聴率というリアルタイム以外の視聴についても指標として捉えるようになった。 「TVI-"Identifier"」は、テレビ“視聴率”よりも有効な指標を作ることで、テレビ広告の宣伝効果をより明確に測定できるようにすることが目的だという。
Googleが画像認識技術を用いた画像ストレージサービスを開始

Googleが画像認識技術を用いた画像ストレージサービスを開始

米Googleは現地時間2015年5月28日、無料の画像管理サービス「Google Photos」を発表した。Android版、iOS版、Web版の提供を開始する。
Microsoftの機械学習サイト:「How Old Do I Look?」

Microsoftの機械学習サイト:「How Old Do I Look?」

Microsoftがリリースしたサイトが最近SNSでも人気でよく取り上げられている。これは、Microsoftの機械学習チームが作ったサイトで、写真を渡すと写っている人たちの年齢を推定するものだ。精度はかなりまちまちだ。
スマートフォンに装着してDNAを分析出来る顕微鏡をUCLAが開発

スマートフォンに装着してDNAを分析出来る顕微鏡をUCLAが開発

DNAは人間の髪の毛の50000倍小さい。この構造をスマートフォンで分析することが出来ると言ったら信じられるだろうか?UCLAのチームは、どのスマートフォンでもDNAをスキャン出来る蛍光顕微鏡に変えるデバイスを開発した。
伝わる研究発表セミナー(2/3)「伝わるデザインの基本」

伝わる研究発表セミナー(2/3)「伝わるデザインの基本」

プレゼンの為のデザイン。研究の内容が折角良くても見た目が悪いとソンをしてしまう。 そこで、伝わるデザインを考えてみよう。
Appleがイスラエルのカメラハードウェアを開発するスタートアップを買収

Appleがイスラエルのカメラハードウェアを開発するスタートアップを買収

AppleはLinXというイスラエルのカメラに特化したテック企業を買収した。この企業は、提供するカメラは背景フォーカスブラー、視差画像と3D画像キャプチャといった機能を搭載したマルチ開口モデルだ。
Google が画像をテキストに変換する機能を追加

Google が画像をテキストに変換する機能を追加

http://linximaging.com/Google Keepに新しい機能が追加されていた。Google Keepとは、最近Googleからリリースされたメモ帳のアプリケーション。Evernoteみたいなものである。それは、メモに貼りつけた画像から文字を認識し、編集可能なテキストに変換するというもの。
画像の内容を認識し情報を出力するWebサービスAPI『Rekognition』

画像の内容を認識し情報を出力するWebサービスAPI『Rekognition』

『ReKognition API』とは指定された画像の内容を認識し、その画像が何であるかを自動検出するテクノロジーを用いた統合的なWebサービスAPI。
顔写真から心拍数が計測出来る「Pace Sync」

顔写真から心拍数が計測出来る「Pace Sync」

緊張状態になって心拍数が上がったときに役立つiPhoneアプリが登場した。その名も「Pace Sync」。このアプリは、iPhoneのカメラで顔写真を撮影し、その写真から心拍数が測定できるというもの。
画像解析が経営やビジネスを変える?ABEJAのユニークな取り組み

画像解析が経営やビジネスを変える?ABEJAのユニークな取り組み

ABEJAは、高度な画像解析・機械学習・自動多変量解析技術を組み合わせて、店舗向けのマーケティングソリューションを提供している。画像解析テクノロジー集団ABEJAが、3月3日〜6日に東京ビックサイトで開催された第31回流通情報システム総合展「リテールテックJAPAN 2015」に出展した。
37 件

ケーススタディで人気のキーワード