2016年9月14日 更新

Appleがイスラエルのカメラハードウェアを開発するスタートアップを買収

AppleはLinXというイスラエルのカメラに特化したテック企業を買収した。この企業は、提供するカメラは背景フォーカスブラー、視差画像と3D画像キャプチャといった機能を搭載したマルチ開口モデルだ。

184 view お気に入り 0
ウォールストリートジャーナルによれば、2000万ドルのバリュエーション評価がされているそうだ。

このイスラエルのスタートアップはタブレットやスマートフォンに特にターゲットを絞っているが、同時に複数の画像をとらえるためのレンズを複数枚備えたセンサも開発している。撮影した複数の画像は1枚に統合され、後からピント位置を変更できる(セレクティブフォーカス機能)またそれぞれのセンサがカメラとさまざまな対象との距離を記録する仕組みになっているほか、センサアレイという技術を使って3D画像を作ることも可能なのだそうだ。

AppleのiPhoneでは長らく、ソニーのカメラセンサが採用されてきた。この関係は続くかもしれないが、その一方で、Appleは2013年に推定3億6000万ドルでMicrosoftの「Kinect」にも使われた3D画像技術の会社を買収している。ウォールストリートジャーナルの報道によれば今回再び、イメージング企業の買収を果たしており、今後どうなっていくかは分からない。
 (496)

iPhone6で撮った写真(出典:Apple ワールドギャラリー)
<参考資料>
Apple Buys Israeli Camera-Technology Company LinX(Wall Street Journal)
アップル、カメラ技術企業LinXを買収--WSJ報道(CNET JAPAN)
4 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

日本が進めるAI画像診断支援②

日本が進めるAI画像診断支援②

大量に集められた医用画像データベースを用いて、いかに効率的に解析可能な教師データを作成していくか、またAIをどのように臨床業務のワークフローに組み入れていくか、がAI画像診断支援の実装に向けた今後の大きな課題です。今回は、AI画像診断支援の実装に向けた具体的な取り組みについて紹介します。
木田智士 | 855 view
日本が進めるAI画像診断支援①

日本が進めるAI画像診断支援①

AIによる医用画像診断支援を進めていくためには、大量の医用画像データが必要です。現在、日本の学会や研究所が中心となって、大規模な医用画像データベースの構築が進んでいます。今回は、その大規模データベース構築の現状について紹介します。
木田智士 | 1,186 view
ディジタル画像処理~pythonによる空間フィルタリングpart1~ 

ディジタル画像処理~pythonによる空間フィルタリングpart1~ 

ディジタル画像処理を解説します.今回は,代表的な空間フィルタリングをpythonで実行してみました。
亀谷 桃子 | 1,379 view
Julia と画像処理②〜画像のセグメンテーション(Seed Region Growing とFelzenszwalbアルゴリズム)〜

Julia と画像処理②〜画像のセグメンテーション(Seed Region Growing とFelzenszwalbアルゴリズム)〜

プログラミング言語「julia」を用いて画像処理を行います.インストールに続き,今回は画像のセグメンテーションのライブラリを用いて,セグメンテーションを行います.
三好 裕之 | 1,672 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

エルピクセル編集部 エルピクセル編集部