2016年9月14日 更新

Appleがイスラエルのカメラハードウェアを開発するスタートアップを買収

AppleはLinXというイスラエルのカメラに特化したテック企業を買収した。この企業は、提供するカメラは背景フォーカスブラー、視差画像と3D画像キャプチャといった機能を搭載したマルチ開口モデルだ。

122 view お気に入り 0
ウォールストリートジャーナルによれば、2000万ドルのバリュエーション評価がされているそうだ。

このイスラエルのスタートアップはタブレットやスマートフォンに特にターゲットを絞っているが、同時に複数の画像をとらえるためのレンズを複数枚備えたセンサも開発している。撮影した複数の画像は1枚に統合され、後からピント位置を変更できる(セレクティブフォーカス機能)またそれぞれのセンサがカメラとさまざまな対象との距離を記録する仕組みになっているほか、センサアレイという技術を使って3D画像を作ることも可能なのだそうだ。

AppleのiPhoneでは長らく、ソニーのカメラセンサが採用されてきた。この関係は続くかもしれないが、その一方で、Appleは2013年に推定3億6000万ドルでMicrosoftの「Kinect」にも使われた3D画像技術の会社を買収している。ウォールストリートジャーナルの報道によれば今回再び、イメージング企業の買収を果たしており、今後どうなっていくかは分からない。
 (496)

iPhone6で撮った写真(出典:Apple ワールドギャラリー)
<参考資料>
Apple Buys Israeli Camera-Technology Company LinX(Wall Street Journal)
アップル、カメラ技術企業LinXを買収--WSJ報道(CNET JAPAN)
4 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

2018 国際医用画像総合展(ITEM)報告レポート⑤  〜エルピクセルのAI開発〜

2018 国際医用画像総合展(ITEM)報告レポート⑤  〜エルピクセルのAI開発〜

4/13~4/15にパシフィコ横浜で開かれたITEMに行ってきました。画像診断支援AI技術開発の各企業の動向についてレポートします。今回は、エルピクセルです。
木田智士 | 395 view
2018 国際医用画像総合展(ITEM)報告レポート④  〜診断支援AIプラットフォームの開発〜

2018 国際医用画像総合展(ITEM)報告レポート④  〜診断支援AIプラットフォームの開発〜

4/13~4/15にパシフィコ横浜で開かれたITEMに行ってきました。画像診断支援AI技術開発の各企業の動向についてレポートします。今回は、画像診断支援AIプラットフォームの開発についてです。
木田智士 | 364 view
2018 国際医用画像総合展(ITEM)報告レポート③  〜キヤノンメディカルのAI開発〜

2018 国際医用画像総合展(ITEM)報告レポート③  〜キヤノンメディカルのAI開発〜

4/13~4/15にパシフィコ横浜で開かれたITEMに行ってきました。画像診断支援AI技術開発の各企業の動向についてレポートします。今回は、キヤノンメディカルです。
木田智士 | 490 view
2018 国際医用画像総合展(ITEM)報告レポート②  〜日立製作所のAI開発〜

2018 国際医用画像総合展(ITEM)報告レポート②  〜日立製作所のAI開発〜

4/13~4/15にパシフィコ横浜で開かれたITEMに行ってきました。画像診断支援AI技術開発の各企業の動向についてレポートします。今回は、日立製作所です。
木田智士 | 550 view
2018 国際医用画像総合展(ITEM)報告レポート①  〜富士フイルムのAI開発〜

2018 国際医用画像総合展(ITEM)報告レポート①  〜富士フイルムのAI開発〜

4/13~4/15にパシフィコ横浜で開かれたITEMに行ってきました。画像診断支援AI技術開発の各企業の動向についてレポートします。今回は、富士フイルムです。
木田智士 | 733 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

エルピクセル編集部 エルピクセル編集部