2016年9月15日 更新

はてなで話題となった自動画像補完技術

はてなブックマークには、感銘を受けた記事に対して「これはすごい」タグをつけることが出来る。最も「これはすごい」タグが付いたのは、「Web上の膨大な画像に基づく自動画像補完技術の威力」というタイトルのブログ記事だ。

1,105 view お気に入り 0
下記の画像は加工された画像である。一見すると分からないだろう。
 (831)

はてなブックマークには、感銘を受けた記事に対して「これはすごい」タグをつけることが出来る。最も「これはすごい」タグが付いたのは、「Web上の膨大な画像に基づく自動画像補完技術の威力」というタイトルのブログ記事だ。

画像の一部を自動的かつ高精度に補う画像解析技術を紹介しているが、2009年の記事とは思えない。これまで画像処理ソフトなどで時間をかけて作業していたものを、コンピュータが自動的に補完するという、画期的な手法が光っている。
 (833)

(出典:A Successful Failure)
上の写真は、ブログからの引用であるが、左上と右側の写真は一見するとさほど違和感を感じないだろう。
遠近感などを考えるとおかしいと気づくが、他の画像との切れ目がすぐには分からない。
予期しないオブジェクトが画像内に入り込んだ時に不自然にならないように修正を施すことも出来るだろう。

2007年のSIGGRAPHに掲載された論文によれは、Web上にアップされている莫大な数量の画像データをもとに、対象となる画像の類似画像を大量に検索し、隠蔽領域を完全に置き換えてしまうことで違和感の無い補完画像を生成するというもの。

研究グループではFlickrより230万枚の画像をダウンロードし検索用データベースを構築した。特徴量に基づき、データベースから瞬時に対象画像の類似画像を検索する(外れ値は前段階で切り捨てられる)。検索上位200件の類似画像に対し、位置合わせ処理、ブレンディング処理を行い、1)シーンの適合度、2)コンテキストマッチング適合度(色+テクスチャ)、3)グラフカットコストに基づき、スコアを算出し、上位の20結果をユーザに提示する。

詳細は、是非元ソースを見て欲しいが、全く見分けがつかない。
やってみたい方は、カーネギーメロン大学のプロジェクトページに画像データとMatlabのプログラムコードがあがっているので、試してみるとよいだろう。

<参考資料>
はてなブックマーク10周年で最も“すごい”エントリーは? 「これはすごい」タグ数ランキング
Web上の膨大な画像に基づく自動画像補完技術の威力(A Successful Failure 2009/6/29 はてなブックマーク)
Scene Completion Using Millions of Photographs(Carnegie Mellon Graphics)
Scene Completion Using Millions of Photographs(Siggraph 2007)
7 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

Extracting Straight Lines〜画像から境界線を効率よく求める方法〜

Extracting Straight Lines〜画像から境界線を効率よく求める方法〜

本記事では,IEEE Transactions on Pattern Analysis and Machine Intelligence に投稿された,「Extracting Straight Lines」の論文を説明し,実装を行います.1986年に投稿された少し古めの論文ですが,アイディアは非常に面白いです.
三好 裕之 | 686 view
ディジタル画像処理~pythonによる空間フィルタリングpart1~ 

ディジタル画像処理~pythonによる空間フィルタリングpart1~ 

ディジタル画像処理を解説します.今回は,代表的な空間フィルタリングをpythonで実行してみました。
亀谷 桃子 | 1,379 view
Morphology (モルフォロジー) 変換の実装 ~ Python + OpenCV ~

Morphology (モルフォロジー) 変換の実装 ~ Python + OpenCV ~

画像処理の一つ,モルフォロジー変換をPython と OpenCVのライブラリを用いて実装し,それを2値画像に対して適用します.
三好 裕之 | 1,643 view
Julia と画像処理②〜画像のセグメンテーション(Seed Region Growing とFelzenszwalbアルゴリズム)〜

Julia と画像処理②〜画像のセグメンテーション(Seed Region Growing とFelzenszwalbアルゴリズム)〜

プログラミング言語「julia」を用いて画像処理を行います.インストールに続き,今回は画像のセグメンテーションのライブラリを用いて,セグメンテーションを行います.
三好 裕之 | 1,672 view
Medical Imaging Tech Night開催のお知らせ

Medical Imaging Tech Night開催のお知らせ

2018年11月25日(日)~11月30日(金)まで米国シカゴにて開催される「RSNA2018(第104回北米放射線学会)(※1)」の「Machine Learning Showcase」にて出展いたします。そこで得た最新の情報を元に、医用画像解析・機械学習に関するプレゼンテーションおよびトークセッションと交流会を実施いたします。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

エルピクセル編集部 エルピクセル編集部