2016年9月15日 更新

AR三兄弟が物に記憶させるARアプリケーションを開発

AR三兄弟の川田十夢氏は、iOS用アプリ「連続デブ小説「AR三兄弟」」を2015年5月にリリースした。その後8月にバージョン2.0をリリースし、順調にアップデートを重ねている。

95 view お気に入り 0
 (951)

このアプリがユニークな点は、Augmented Reality(AR:拡張現実)という技術を用いて、小説のような物語性を感じさせる点だ。

バージョン1.0は、様々な物に自分の記憶を宿すことができる機能「物に記憶」をはじめ、非売品の缶バッジやマーカーにかざすとビームが出る「缶バッジと衝突判定」や、プログラムが顔と認識すると目からビームを出すことができる「視線のレイザー・ビーム」など5つの機能が搭載されている。
 (953)

バージョン2.0では、伊坂幸太郎氏の短編小説「三人の男が猪苗代湖で会う話」と連動した機能「グライダー」が追加された。冊子の中にあるマーカーにかざすと何かが見えると言う。
 (955)

ここで、「物に記憶する」機能について紹介する。例えば、コインにカメラをかざす。
 (957)

すると、指定した範囲がマーカーとなり、マーカーに紐づける動画を選択する画面に移る。この際、6秒動画を撮影するか、カメラロールから既に撮影した動画を選択することが出来る。
 (959)

動画を選択すると、一定時間後に元の画面に表示が戻る。再度、コインにカメラを向けると、動画が表示される仕組みだ。
 (961)

川田氏は、演劇「パターン2」の中で、ARを用いて物にストーリーを宿した郵便配達サービスが行われている近未来の場面を描いていた。新しい技術を用いた遊び心のあるアプリケーションは、少しずつファンを増やしていくに違いない。

<参考URL>
AR三兄弟の「発明」を続々配信、無料アプリ『連続デブ小説「AR三兄弟」』
AR三兄弟(App Store)
12 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

Deep learningで画像認識⑧〜Kerasで畳み込みニューラルネットワーク vol.4〜

Deep learningで画像認識⑧〜Kerasで畳み込みニューラルネットワーク vol.4〜

転移学習と呼ばれる学習済みのモデルを利用する手法を用いて白血球の顕微鏡画像を分類してみます。
木田智士 | 259 view
「Deep Learning×画像解析」ライトニングトークイベント by LP-tech まとめ

「Deep Learning×画像解析」ライトニングトークイベント by LP-tech まとめ

2月28日に行われた,「Deep Learning×画像解析」ライトニングトークイベント by LP-tech のまとめ記事です.
三好 裕之 | 190 view
Deep learningで画像認識⑦〜Kerasで畳み込みニューラルネットワーク vol.3〜

Deep learningで画像認識⑦〜Kerasで畳み込みニューラルネットワーク vol.3〜

Kerasと呼ばれるDeep Learingのライブラリを使って、白血球の顕微鏡画像を分類してみます。
木田智士 | 840 view
Deep learningで画像認識⑥〜Kerasで畳み込みニューラルネットワーク vol.2〜

Deep learningで画像認識⑥〜Kerasで畳み込みニューラルネットワーク vol.2〜

Kerasと呼ばれるDeep Learingのライブラリを使って、文字認識を行ってみます。
木田智士 | 799 view
2月のイベントがアツい・・・「Deep Learning×画像解析」ライトニングトークイベント by LP-tech

2月のイベントがアツい・・・「Deep Learning×画像解析」ライトニングトークイベント by LP-tech

2月のイベントについて告知します! (画像出展:https://i.ytimg.com/vi/czLI3oLDe8M/maxresdefault.jpg)
三好 裕之 | 330 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

エルピクセル編集部 エルピクセル編集部