2016年9月15日 更新

【Python講座9】 Pythonで画像処理

Pythonは分かり易い形式で書くことが出来るので、プログラミングが初めてな方でもとっつき易いと言われていて、最近では統計処理のような分野でも注目されてきています。

970 view お気に入り 0
これまでは、調べる画像がどんな特徴を持っているかを調べ、その特徴量を調べてきました。

今回は、Pythonで最小値を画像全体から減算するという処理を行います。例えば、最小値が5で、最大値が120だったとすると、全体から5を引くので、最大値が115となります。値の大きさが明るさに対応している場合は、やや暗くなりますね。

今回はチュートリアルの中のSubtract min valueを中心に見ていきます。
 (788)

まず、 1行目から順番に見ていきます。
 (790)

IJ.getImage()でImageJの中でアクティブになっている画像情報を取得します。
これをimp(image plus)に代入(=)します。
impの段階では、まだ2次元の画像が何枚も積まれている状態なので、impの中から現在表示している1枚の平面画像を取得し、これをip(image processor)とします。
 (792)

積まれている画像データ(imp)の中から扱う一枚のデータ(ip)を取り出すイメージ
getProcessorで表示している画像情報の取得、convertToFloatとは、全ての画像を32bitの浮動小数点画像に変換する処理です。
これによって、ipに代入された情報は実数のピクセル値をもった2次元の画像情報であると言えます。

この画像情報の中で全ての画素を最小値になるまで減らしていくのが以下の書き方です。
 (794)

これで、最小値(minimum)が取得出来ました!さて、全体からこの最小値を引き算していきましょう。

①xy平面のピクセルを1次元に直して処理を行う

 (797)

pixels[i]とは、i番目の画素のことです。25×25ならi=0~624まであることになりますね。
1つ1つの画素からminimum(最小値)を減算し、得られたip情報をもとに、減算された新しい画像(imp2)を
作ります。

ここで、以下の書き方は、最小値を引き算(-)して画素に代入し直す(=)というものです。
 (799)

②最小値を引き算した画素のリストを新しく作る

 (801)

29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

LP-tech2周年記念#人気記事のまとめ#第5位〜第1位

LP-tech2周年記念#人気記事のまとめ#第5位〜第1位

LP-techが始まってから2周年を迎えました。ここまでLP-techを続けることができたのも読者の皆様のおかげだと思っています。そこで、LP-techの感謝祭ということで、人気の記事を第20位から第1位までをご紹介します。今回は第5位〜第1位までです。
LP-tech2周年記念#人気記事のまとめ#第10位〜第6位

LP-tech2周年記念#人気記事のまとめ#第10位〜第6位

LP-techが始まってから2周年を迎えました。ここまでLP-techを続けることができたのも読者の皆様のおかげだと思っています。そこで、LP-techの感謝祭ということで、人気の記事を第20位から第1位までをご紹介します。今回は第10位〜第6位までです。
LP-tech2周年記念#人気記事のまとめ#第15位〜第11位

LP-tech2周年記念#人気記事のまとめ#第15位〜第11位

LP-techが始まってから2周年を迎えました。ここまでLP-techを続けることができたのも読者の皆様のおかげだと思っています。そこで、LP-techの感謝祭ということで、人気の記事を第20位から第1位までをご紹介します。今回は第15位〜第11位までです。
医用画像位置合わせの基礎⑥ 〜アフィン変換とは?〜

医用画像位置合わせの基礎⑥ 〜アフィン変換とは?〜

今回は、画像位置合わせに用いられるアフィン変換をご紹介します。
木田智士 | 7,980 view
画像の再構成理論〜概要、まとめ〜

画像の再構成理論〜概要、まとめ〜

今回は、以前4回にわたって記事として投稿した画像の再構成理論の概要について述べ、それのまとめをしたいと思います。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

エルピクセル編集部 エルピクセル編集部