2018年6月28日 更新

kaggleの医療系コンペまとめ

kaggleのコンペで実際に機械学習が活用されている事例を知ることで医療のAI活用の幅を広げられればと思います。

2,388 view お気に入り 3

kaggleの医療系コンペまとめ

機械学習コンペサイトのkaggleでの知見は実際のデータサイエンスの場でも役に立ちます。
そこで今回は医療と関係がありそうなコンペをざっくりとまとめました。
コンペによっては似たような発想で他のことに役にたつものがあるはずなので、いい医療系AIシステムを作る手助けになればと思います。
解釈の違いがあって実際の内容と私の解説が違うところがあるかもしれませんがご容赦願います。

機械学習コンペサイトのkaggleでの知見は実際のデータサイエンスの場でも役に立ちます。
そこで今回は医療と関係がありそうなコンペをざっくりとまとめました。

2018 Data Science Bowl
画像から核の自動検出精度を行う。

Cervical Cancer Screening
子宮頸がんのスクリーニングを受けない人を予測。

Intel & MobileODT Cervical Cancer Screening
適切な子宮頸がんの治療を行うために子宮頸部タイプを識別する。

Personalized Medicine: Redefining Cancer Treatment
ガンに変異途中の細胞を発見する。

Data Science Bowl 2017
画像からを肺がん検出。

Melbourne University AES/MathWorks/NIH Seizure Prediction
てんかんの発作の発生時期の予測。

Second Annual Data Science Bowl
心臓病を発見するためにMRIを使用して心臓の容積を測定する。

Diabetic Retinopathy Detection
糖尿病で失明するのを防ぐために糖尿病性網膜症かどうかの予測をする。

West Nile Virus Prediction
マラリアにかかるのを防ぐために蚊が街の中でどのような行動を取っているのか知り、殺虫剤を効率的に撒けるようにする。今回はどこで蚊がマラリアのウイルスを獲得するか予測する。

探せば他にもコンペはありそうですが、見つけられたのはこれだけです。

最後に

コンペによっては似たような発想で他のことに役に立つものがあるはずなので、いい医療系AIシステムを作る手助けになればと思います。
解釈の違いがあって実際の内容と私の解説が違うところがあるかもしれませんがご容赦願います。
機械学習コンペサイトのkaggleでの知見は実際のデータサイエンスの場でも役に立ちます。
5 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

kaggle-mercariチャレンジに挑戦した。

kaggle-mercariチャレンジに挑戦した。

kaggleの初めてのkernelコンペでした。kernelコンペの洗礼を受けました。
Takumi Ihara | 2,323 view
日本が進めるAI画像診断支援②

日本が進めるAI画像診断支援②

大量に集められた医用画像データベースを用いて、いかに効率的に解析可能な教師データを作成していくか、またAIをどのように臨床業務のワークフローに組み入れていくか、がAI画像診断支援の実装に向けた今後の大きな課題です。今回は、AI画像診断支援の実装に向けた具体的な取り組みについて紹介します。
木田智士 | 1,330 view
日本が進めるAI画像診断支援①

日本が進めるAI画像診断支援①

AIによる医用画像診断支援を進めていくためには、大量の医用画像データが必要です。現在、日本の学会や研究所が中心となって、大規模な医用画像データベースの構築が進んでいます。今回は、その大規模データベース構築の現状について紹介します。
木田智士 | 1,569 view
Medical Imaging Tech Night開催のお知らせ

Medical Imaging Tech Night開催のお知らせ

2018年11月25日(日)~11月30日(金)まで米国シカゴにて開催される「RSNA2018(第104回北米放射線学会)(※1)」の「Machine Learning Showcase」にて出展いたします。そこで得た最新の情報を元に、医用画像解析・機械学習に関するプレゼンテーションおよびトークセッションと交流会を実施いたします。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Takumi Ihara Takumi Ihara