2016年9月14日 更新

【Python講座5】関数(function)

今回は久しぶりにPythonの勉強をしていきます。ところで、Pythonで画像処理をする方法として、OpenCVを用いる方法で以下のような方法がありました。

1,380 view お気に入り 0
while内のインデントに入っているが、もし関数から抜けたい時はraiseを使って無理矢理ループから抜けることが出来ます。

他にも、こんな応用方法があります。例えば、
 (608)

と書くと、毎回リスト[]が作られるので、
 (610)

と表示されます。

納品されるようなプログラミングはもっと複雑な関数の集まりになっています。
defの固まりで出来ているのです。

pythonの関数でよく出てくるものを見てみましょう。
 (612)

要素をsortして中央値を取得すれば、medianを知ることが出来ます。

要素の数え方を覚えていますか?こんな感じでした。
 (614)

もし、平面画像を取得する時は、このような形で書きます。
 (616)

三次元とか四次元とかだったら、要素を付け加えればよいです。
こうしたデータ構造を扱わせるのが関数なのです。

いかがだったでしょうか?次回再びPythonをやりますので、お楽しみに!
41 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

LP-tech2周年記念#人気記事のまとめ#第5位〜第1位

LP-tech2周年記念#人気記事のまとめ#第5位〜第1位

LP-techが始まってから2周年を迎えました。ここまでLP-techを続けることができたのも読者の皆様のおかげだと思っています。そこで、LP-techの感謝祭ということで、人気の記事を第20位から第1位までをご紹介します。今回は第5位〜第1位までです。
LP-tech2周年記念#人気記事のまとめ#第15位〜第11位

LP-tech2周年記念#人気記事のまとめ#第15位〜第11位

LP-techが始まってから2周年を迎えました。ここまでLP-techを続けることができたのも読者の皆様のおかげだと思っています。そこで、LP-techの感謝祭ということで、人気の記事を第20位から第1位までをご紹介します。今回は第15位〜第11位までです。
医用画像位置合わせの基礎⑥ 〜アフィン変換とは?〜

医用画像位置合わせの基礎⑥ 〜アフィン変換とは?〜

今回は、画像位置合わせに用いられるアフィン変換をご紹介します。
木田智士 | 13,936 view
画像の再構成理論〜概要、まとめ〜

画像の再構成理論〜概要、まとめ〜

今回は、以前4回にわたって記事として投稿した画像の再構成理論の概要について述べ、それのまとめをしたいと思います。
画像処理におけるフーリエ変換④〜pythonによるフィルタ設計〜

画像処理におけるフーリエ変換④〜pythonによるフィルタ設計〜

画像処理におけるフーリエ変換の最終回として、pythonによるフィルタ設定についてご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

エルピクセル編集部 エルピクセル編集部