2016年9月14日 更新

【Python講座3】 while,for,if文

さて、これまでPythonについて勉強してきましたが、いかがでしょうか??Pythonを本格的に勉強したい方に、いくつか学習サイトを紹介致します!

309 view お気に入り 0
①Codecademy…自分でプログラムを書き問題を解いていく形式です!豊富なラインアップで、基礎の基礎から勉強出来ます。

②Aizu Online Judge…会津大学が主催しているオンライン教室。英語版、日本語版があります。書いたコードを送ると自動で正しいかエラーか結果を返してくれます。また、日本語のチュートリアルも豊富です。

③ドットインストール…3分動画で勉強出来るプログラミング学習サイトです。隙間時間がある時に動画を見て同じ通りにコーディングしてみましょう!あと、たまにどこまで勉強してきたか連絡通知が来たりします。

これらのサイトは他の言語のラインナップもとても豊富ですので、是非使ってみて下さいね!
今回は、データをどう扱っていくかについて見ていきましょう!前回リストというデータ構造、インデックスというデータの取得方法について見てきました。

取得したデータは実際には、どんな風に扱われるのでしょうか?
 (357)

<プログラミング言語がやっていることは主に3つある>

プログラミング言語がやっていることは、主に3つあります。

①順次実行:上から順番に命令が実行される
②分岐:条件の真偽によって処理が分かれる
③反復:条件を満たしている間処理を繰り返す

この3つが主に行われているのです。
これは、どのプログラミング言語でも基本的に同じことをやっています。

では、実際に文字に起すとどうなるのか?Pythonのチュートリアルを見てみましょう。
例えば、こんな形があります。
 (359)

例えば、10を越えない範囲でフィボナッチ数列を表示して欲しい時、

「bが10より小さい間」(while b < 10;)
「bを表示する」(print b)

とすれば、bは10を越えない数まで表示されます。もし、while b < 10;が無い場合どうなるかというと、、
 (361)

1回きりで終わります。
 (363)

ここで、whileは、式の値が真である間、同じ命令を繰り返し実行します。条件と反復ですね。

また、print bが実行された後にa,b = b, a+bが実行されます。なので、最初は加算されない値が表示されるのです。これは順次実行ですね!

こんな風にして、与えられたデータを用いて、自動処理が出来るのです。
同じようなものとしては、forがあります!
 (371)

forも繰り返しの反復を行うことが出来ます。しかし、Pythonでは少し癖があるそうです。チュートリアルの文章を見てみましょう。
for文はシーケンス (文字列、タプルまたはリスト) や、その他の反復可能なオブジェクト (iterable object) 内の要素に渡って反復処理を行うために使われます。
via Pythonチュートリアル
簡単に言うと、データを箱と捉えて考えた場合、箱がある限り、一連の流れ作業をしてくれると考えるといいかも知れません。
 (367)

22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

Neural Network with Julia 〜Kaggleの文字認識(DeepLearning)の前処理〜

Neural Network with Julia 〜Kaggleの文字認識(DeepLearning)の前処理〜

今回もNeural NetworkをJuliaで実装する方法についてご紹介します。
三好 裕之 | 1,045 view
LP-tech2周年記念#人気記事のまとめ#第5位〜第1位

LP-tech2周年記念#人気記事のまとめ#第5位〜第1位

LP-techが始まってから2周年を迎えました。ここまでLP-techを続けることができたのも読者の皆様のおかげだと思っています。そこで、LP-techの感謝祭ということで、人気の記事を第20位から第1位までをご紹介します。今回は第5位〜第1位までです。
LP-tech2周年記念#人気記事のまとめ#第10位〜第6位

LP-tech2周年記念#人気記事のまとめ#第10位〜第6位

LP-techが始まってから2周年を迎えました。ここまでLP-techを続けることができたのも読者の皆様のおかげだと思っています。そこで、LP-techの感謝祭ということで、人気の記事を第20位から第1位までをご紹介します。今回は第10位〜第6位までです。
LP-tech2周年記念#人気記事のまとめ#第15位〜第11位

LP-tech2周年記念#人気記事のまとめ#第15位〜第11位

LP-techが始まってから2周年を迎えました。ここまでLP-techを続けることができたのも読者の皆様のおかげだと思っています。そこで、LP-techの感謝祭ということで、人気の記事を第20位から第1位までをご紹介します。今回は第15位〜第11位までです。
医用画像位置合わせの基礎⑥ 〜アフィン変換とは?〜

医用画像位置合わせの基礎⑥ 〜アフィン変換とは?〜

今回は、画像位置合わせに用いられるアフィン変換をご紹介します。
木田智士 | 6,658 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

エルピクセル編集部 エルピクセル編集部