2017年3月30日 更新

「Deep Learning×画像解析」ライトニングトークイベント by LP-tech まとめ

2月28日に行われた,「Deep Learning×画像解析」ライトニングトークイベント by LP-tech のまとめ記事です.

611 view お気に入り 0
今回は2月28日に行われた「Deep Learning×画像解析」ライトニングトークイベント by LP-tech のまとめを行います!
60名を越える方にご来場いただきました.ありがとうございました.

1. LP-techのライターによる講演

はじめに,LP-tech編集長である.三好裕之さんにDeepLearningとクラスタリングについて講演をしていただきました!
 (3570)

三好 裕之 (Miyoshi Hiroyuki)

東京大学計数工学科4年 現在は統計的機械学習を用いた音声信号処理の研究室に所属し、Sequence-to-Sequence Model を機械学習ライブラリchainerで実装している。 時系列データの扱い方に非常に興味がある。 出身は香川県。うどんをこよなく愛する。 来年度からは逆問題、複素関数の研究室に所属予定

[記事URL]
https://lp-tech.net/users/22uXh
次に,LP-techのライターであり,画像解析に精通している,望月優輝さんによりDeep Learningと画像判別に関して講演がありました.
 (3699)

望月 優輝 (Mochizuki Yuki)

細胞生物学の研究室に通っています。生きた細胞を顕微鏡で撮影し、OpenCVを用いたプログラムにより画像解析を行っています。他にもドローンを用いたカニの調査を高校のときから続けています。動画解析により移動を抽出し、遺伝的プログラミングを自作の機械学習プログラムにより実装し、データを元に個体間相互作用パターンを解析しました。

[記事URL]
https://lp-tech.net/users/KSuFZ
次に,画像処理を研究で行ったこともある,柏崎 広美さんにより「実際の研究で使えるDeepLearning×画像解析技術の紹介」という題で講演をしていただきました.
 (3575)

柏崎 広美 (Kashiwazaki Hiromi)

ライフサイエンス領域の研究員をしています。 専門は神経ウイルス学で動物実験、免疫組織化学、細胞培養実験を得意としています。また大学ではBioinformatics系の学科に所属していたことからC言語やPerl言語でのプログラミングの経験があり、ImageJのMacro言語を用いた自動画像処理に興味を持ちました。 現在は研究者の人材派遣会社に勤務しながらImageJを用いた画像解析について学んでいます。 資格;遺伝子分析科学認定士。2級実験動物技術者。

[記事URL]
https://lp-tech.net/users/rXOYh

2. ライトニングトークイベント

今回,はじめての試みとして,来場者の方たちによるライトニングイベントを開催しました!
ご登壇いただいた,Deep Zeonさま,masa_sさま,argonさま,ありがとうございました!
 (3578)

 (3579)

大変盛り上がりました!

3. 最後に

最後にみんなで写真を撮りました!


なお,これはLPixel の「L」ポーズです!
18 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

LPixel主催!「画像解析ハッカソン」イベントまとめ

LPixel主催!「画像解析ハッカソン」イベントまとめ

2017年7月26日に行われた「ライフサイエンス画像解析カジュアルハッカソン!」(https://goo.gl/9mjwfc)のまとめ記事です.
井上 大輝 | 1,063 view
Event

Event

次回のイベントと過去のイベントをまとめていくページです.
三好 裕之 | 557 view
画像の一部を消すInpainting という技術とその実装 (python)

画像の一部を消すInpainting という技術とその実装 (python)

Python + OpenCVにより,画像の修復の技術,「Inpainting 」の実装を行います.
三好 裕之 | 3,209 view
2018 国際医用画像総合展(ITEM)報告レポート⑤  〜エルピクセルのAI開発〜

2018 国際医用画像総合展(ITEM)報告レポート⑤  〜エルピクセルのAI開発〜

4/13~4/15にパシフィコ横浜で開かれたITEMに行ってきました。画像診断支援AI技術開発の各企業の動向についてレポートします。今回は、エルピクセルです。
木田智士 | 1,016 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三好 裕之 三好 裕之