2017年7月19日 更新

第23回 全脳アーキテクチャ若手の会 勉強会 カジュアルトーク〜医療×AI〜 まとめ,振り返り

2017年4月28日に行われた,全脳との共催でのイベントに関するまとめ記事です!

314 view お気に入り 1
4月28日に全脳との共催で,「全脳アーキテクチャ若手の会 勉強会 カジュアルトーク〜医療×AI〜」と題してイベントが開催されました!
金曜日の夜にも関わらず,会場にはたくさんの方がお越しくださり,活発な意見が飛び交う,よいイベントになりました!

[全脳アーキテクチャのURL]
http://wbawakate.jp

https://www.facebook.com/groups/whole.brain.architecture/?fref=ts

なお,記事の最後には次回行われるイベントの詳細があります!

1. イベント内容

弊社の社員である,豊則さんには「人工知能を活用した医療画像診断支援ソフトウェア」 と題して,人工知能を医療画像診断支援ソフトウェアに応用する方法やその応用先などを説明していただきました.
 (3924)

 (3929)

全脳の人たちの発表は非常に興味深いものでした!

まずはじめに,WBA若手の会 社会人支部代表である,芦原佑太さんに「ライフサイエンスを囲むAIの周辺技術とその取り組み」と題して講演していただきました.
AIの技術や,その応用方に関して非常に楽しませてもらいました!
 (3925)

 (3933)

最後に,WBA若手の会 副代表である,島田大樹さんに「深層学習と自動診断システム」と題して,Deep Learning と自動診断システムの関わりを講演していただきました.
Convolutional Neural Network への愛が非常に伝わって来ました.
 (3928)

 (3935)

次回イベント

15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

日本が進めるAI画像診断支援②

日本が進めるAI画像診断支援②

大量に集められた医用画像データベースを用いて、いかに効率的に解析可能な教師データを作成していくか、またAIをどのように臨床業務のワークフローに組み入れていくか、がAI画像診断支援の実装に向けた今後の大きな課題です。今回は、AI画像診断支援の実装に向けた具体的な取り組みについて紹介します。
木田智士 | 520 view
日本が進めるAI画像診断支援①

日本が進めるAI画像診断支援①

AIによる医用画像診断支援を進めていくためには、大量の医用画像データが必要です。現在、日本の学会や研究所が中心となって、大規模な医用画像データベースの構築が進んでいます。今回は、その大規模データベース構築の現状について紹介します。
木田智士 | 872 view
Medical Imaging Tech Night開催のお知らせ

Medical Imaging Tech Night開催のお知らせ

2018年11月25日(日)~11月30日(金)まで米国シカゴにて開催される「RSNA2018(第104回北米放射線学会)(※1)」の「Machine Learning Showcase」にて出展いたします。そこで得た最新の情報を元に、医用画像解析・機械学習に関するプレゼンテーションおよびトークセッションと交流会を実施いたします。
kaggleの医療系コンペまとめ

kaggleの医療系コンペまとめ

kaggleのコンペで実際に機械学習が活用されている事例を知ることで医療のAI活用の幅を広げられればと思います。
Takumi Ihara | 1,810 view
日本企業の画像診断支援AI開発 2018 ⑤ ~エルピクセル~

日本企業の画像診断支援AI開発 2018 ⑤ ~エルピクセル~

4/13~4/15にパシフィコ横浜で開かれたITEMに行ってきました。画像診断支援AI技術開発の各企業の動向についてレポートします。今回は、エルピクセルです。
木田智士 | 1,469 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三好 裕之 三好 裕之