2016年9月14日 更新

伝わる研究発表セミナー(2/3)「伝わるデザインの基本」

プレゼンの為のデザイン。研究の内容が折角良くても見た目が悪いとソンをしてしまう。 そこで、伝わるデザインを考えてみよう。

305 view お気に入り 0

④とにかくそろえる

資料の中に小見出し、図など様々な要素が履いている。そこで、左揃えにして、それぞれの上下左右も整理する。
近接とグループ化内容の近い物同士を物理的にも近づけて、図と説明の一対一の対応を暗示させる。

⑤コントラストをつける

タイトルのところには塗りをつけたり、小見出しには、太字にする。
文字のサイズと太さで強弱をつける。本当に示したい情報は何なのかを選別して、タイトル、見出し、結論を強調させる。
 (637)

(出典:伝わるデザイン研究発表のユニバーサルデザイン)
これを行うことで、スライドがかなり見易くなる。是非研究者は実践して欲しい。

次回は、研究者からの発表を紹介し、片山なつさんからのフィードバックを頂く。
22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

伝わる研究発表セミナー(3/3)研究発表

伝わる研究発表セミナー(3/3)研究発表

最後に、大学院やポスドクで研究を続けているお二方から、普段の研究について紹介して頂いた。
伝わる研究発表セミナー(1/3)「Adobe画像処理セミナー」

伝わる研究発表セミナー(1/3)「Adobe画像処理セミナー」

4月29日昭和の日に、アドビシステム株式会社(以下Adobe)とエルピクセル株式会社(以下Lpixel)が共催で「伝わる研究発表セミナー」と題したイベントを開催した。この会は主にこれから理系分野の研究活動を行う研究者、学生、院生に向けた内容で、Adobeのソフトウェアを用いた画像処理の方法、分かり易い研究スライドの作り方を紹介した。その後、実際の研究者によるスライド発表を行い、スライドに関する講評を頂いた。
伝わる研究発表セミナー_2015年4月29日

伝わる研究発表セミナー_2015年4月29日

2015年4月29日(昭和の日)にAdobe,学生団体アイデアボックスと共同で、「伝わる研究発表セミナー」を開催致します。参加費無料で参加頂けるセミナーです。研究者の為のプレゼンテーションの仕方を紹介致します。是非お気軽にお越し下さい。
画像解析入門④ 画像処理を行う為の方法とツール

画像解析入門④ 画像処理を行う為の方法とツール

画像解析を行う為のツール、ソフトウェアに関するRとPhotoshopの使い方を見てみましょう。因みに今回ご紹介する内容は、Lpixelでセミナーを開催したときのものをもとにしています。
Photoshopリリースから25年、その創生期を振り返り

Photoshopリリースから25年、その創生期を振り返り

Adobe Systemsの画像編集ソフトウェア「Photoshop」がリリースされて、25年になる。Adobe社はこの節目を祝うキャンペーンの一環として、Photoshopを使って作成した手の込んだアートワークからなる素晴らしいショートムービーを公開した。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

エルピクセル編集部 エルピクセル編集部