2016年12月9日 更新

画像処理におけるフーリエ変換③〜ImageJでたたみこみ〜

今回は画像処理におけるフーリエ変換の3回目ということで、たたみこみについてご紹介します。

13,987 view お気に入り 0
得られる画像は下のようになります。
 (1545)

画像が出現しました。これは一体何なんでしょうか。

これについては以下の二つの画像で納得していただけると思います。境界には繰り返し同じ画像があるとかんがえます。左上を計算するためには、繰り返して配置された画像の右下の部分が必要になるわけです。これによって、畳み込まれた画像には画像の右下の部分が出力されたわけですね。
 (1547)

 (1548)

以上で畳み込みについてわかったのではないでしょうか。たたみこみが膨大な量の計算によってなされていることがわかったとおもいます。

ここで、この章でのメインテーマである、フーリエ変換とたたみこみとの関係について述べたいと思います。

単純化するために、以下のように3×3の画像を二つ(X[n],Y[n])を用意して、二つをたたみこんで、Z[n]になったと仮定します。
 (1550)

X[n]は繰り返しになっているとしているので、Z[0]の成分は以下のように計算されます。nが負のときは X[n] = X[8+n]です。
 (1552)

一般的にZの成分は
 (1557)

と計算されそうです。
ここで離散フーリエ変換という技を使います。すると、上の式はフーリエ変換対にハット(^)をつけるとすると
 (1558)

と表されるのです。たたみこみはフーリエ変換の積になるということになるわけです。

つまり、たたみこみを計算する際、実際に計算する必要はなく、フーリエ変換という方法を絡めれば計算が簡単になるのです。

今回でフーリエ変換のたたみこみについてある程度イメージはつかめたのではないでしょうか?フーリエ変換のたたみ込みはいろんなところで使われることなので、ぜひともマスターしたいものですね!
29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

30秒動画で学ぶ画像処理 #01〜フーリエ変換、フィルタ〜

30秒動画で学ぶ画像処理 #01〜フーリエ変換、フィルタ〜

30秒動画でわかる画像処理講座です。第一弾はフーリエ変換してハイパスフィルタの通し方についてご紹介します。
画像処理におけるフーリエ変換④〜pythonによるフィルタ設計〜

画像処理におけるフーリエ変換④〜pythonによるフィルタ設計〜

画像処理におけるフーリエ変換の最終回として、pythonによるフィルタ設定についてご紹介します。
【画像の再構成理論①】〜手ブレ、ピンボケ〜

【画像の再構成理論①】〜手ブレ、ピンボケ〜

今日は画像の再構成についてご紹介します。理論的なアプローチなので数式が少し出てきますが、行列計算くらいなので恐れず読んでくれると嬉しいです。
シリーズ6.マクロ言語を使った画像処理の応用編~ノイズ軽減① 空間フィルタ処理~

シリーズ6.マクロ言語を使った画像処理の応用編~ノイズ軽減① 空間フィルタ処理~

【記事の目標】 画像を触ったことがない人を対象として、適切な画像解析を施すまでのImageJのマクロ言語を用いた学習過程を示す。 今回の記事から応用編としてさらに詳しく画像処理を学んでいきます。最初のテーマはノイズ軽減です。
ImageJ Plugin で数値計算をしてみる #5

ImageJ Plugin で数値計算をしてみる #5

非情報科学研究者 (特に生物系研究者) が ImageJ plugin を作るために超えるべき壁やTipsをまとめます。今回は、面積の平均値や中央値、分散を出力するためのコードをご紹介します。
湖城 恵 | 6,938 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

エルピクセル編集部 エルピクセル編集部