2016年9月28日 更新

「おいしさ」を画像化?農業ベンチャー・マクタアメニティの取り組み

東北経済産業局は3日、中小企業の経営資源を組み合わせることで新分野開拓を狙う「新連携事業計画」に、農業ベンチャー・マクタアメニティ(伊達市、幕田武広社長)の「画像解析による野菜等の『おいしさの見える化』技術の構築」を認定した。

1,580 view お気に入り 0
東北経済産業局は3日、中小企業の経営資源を組み合わせることで新分野開拓を狙う「新連携事業計画」に、農業ベンチャー・マクタアメニティ(伊達市、幕田武広社長)の「画像解析による野菜等の『おいしさの見える化』技術の構築」を認定した。
(概要:http://www.tohoku.meti.go.jp/s_cyusyo/shinrenkei/topics/pdf/160203_3.pdf)

この事業のコンセプトは以下の通り。
農産物の非破壊画像分析によって野菜等の「おいしさ」を計測し、消費者等に品質情報を提供する技術の開発及びサービス事業化を実施する。また、生産者へのフィードバック(分析情報等)と施肥等の栽培手法の技術指導による商品改善にも活用することで継続的な競争力の向上を図る。

データの取得、分析、発信については先端的なICT技術を活用し、低コスト及び迅速化を実現する。

桃等果実については、糖度の測定においてブランド化が図られているものもあるが、野菜の非破壊による「おいしさの評価技術」は実現できて来なかったところに大きなニーズがある。
東北経済産業局

東北経済産業局

元々マクタアメニティ社は、画像解析を中心事業としてやってきた訳ではない。明治中期に初代幕田武平が福島県伊達で蚕種製造業を開業したのがきっかけで、薪炭、米穀、雑貨、酒類等、一次産業も取扱うようになった。

株式会社化した1988年2月以降は、食品・青果物鮮度保持資材、環境・農業用微生物資材、有機農産物生産流通システムなどに事業展開するようになった。

2008~9年には、福島県産学官連携推進事業により「コンピューティングユビキタス技術によるチェーン・トレーサビリティの構築」など3件を実施している。

近年は、地元の一次産業をICT技術を用いて支援するマネジメントシステムに取り組んできた。

今回のシステムは、農産物の非破壊画像分析のシステムによって、野菜の品質などの情報をより低コストで提供しようと言うもの。画像解析技術には山形大学大学院理工学研究科が協力している。

具体的には、野菜の葉などの画像をRGB解析し、波長の分布から品質を分析しデータベース化する。桃等果実については、糖度の測定においてブランド化が図られているものもあるが、野菜の非破壊による「おいしさの評価技術」は実現できて来なかった。

果物については糖度測定でブランド化が進められた。一方で、野菜の非破壊式品質評価技術はまだ実現されておらず、事業化に結びつけば、大きなニーズが見込めるという。

事業は、サービスソフトウェア設計などのSJC(仙台市)などと連携して行われ、東邦銀行が事業化を支援する。国からは補助金や特許料減免などの支援を受けることができるようだ。

地元発の農業ベンチャーとして是非頑張って欲しい。
<参考記事>
マクタアメニティ株式会社HP
新連携事業計画の認定について ~東北地域から3件の認定、合計68件に~(東北経済産業局 2016/2/3)
「おいしさ画像化」へ 伊達・マクタアメニティの事業支援(福島民友 2016/2/10)
5 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

日本が進めるAI画像診断支援②

日本が進めるAI画像診断支援②

大量に集められた医用画像データベースを用いて、いかに効率的に解析可能な教師データを作成していくか、またAIをどのように臨床業務のワークフローに組み入れていくか、がAI画像診断支援の実装に向けた今後の大きな課題です。今回は、AI画像診断支援の実装に向けた具体的な取り組みについて紹介します。
木田智士 | 707 view
日本が進めるAI画像診断支援①

日本が進めるAI画像診断支援①

AIによる医用画像診断支援を進めていくためには、大量の医用画像データが必要です。現在、日本の学会や研究所が中心となって、大規模な医用画像データベースの構築が進んでいます。今回は、その大規模データベース構築の現状について紹介します。
木田智士 | 1,049 view
ディジタル画像処理~pythonによる空間フィルタリングpart1~ 

ディジタル画像処理~pythonによる空間フィルタリングpart1~ 

ディジタル画像処理を解説します.今回は,代表的な空間フィルタリングをpythonで実行してみました。
亀谷 桃子 | 1,172 view
Julia と画像処理②〜画像のセグメンテーション(Seed Region Growing とFelzenszwalbアルゴリズム)〜

Julia と画像処理②〜画像のセグメンテーション(Seed Region Growing とFelzenszwalbアルゴリズム)〜

プログラミング言語「julia」を用いて画像処理を行います.インストールに続き,今回は画像のセグメンテーションのライブラリを用いて,セグメンテーションを行います.
三好 裕之 | 1,534 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

エルピクセル編集部 エルピクセル編集部