2016年10月2日 更新

Juliaで学ぶ画像処理〜cifar-datasetsでニューラルネットワークpart2〜

今回は前回のcifar-datasetsで作った識別器を使って、画像の分類をする方法についてご紹介します。

1,018 view お気に入り 0
お!やっと画像が見えてきました。しかし、これは何の絵なのか・・・、わからないですよね。
この絵、上下左右が反転しているようなのです。これも元どおりにしてあげましょう。
結果的に画像を見るためのコードは以下になります。
 (2334)

出力結果。どうやら車みたいです。

出力結果。どうやら車みたいです。

3. 識別器を使って識別

さて、これからは本題である識別をやっていきます。

前回のネットワークの学習により、"snapshots-070000.jld"なるファイルが作られています。これを用いて識別していきます。

以下のコードを実行することにより、識別が行われます。このコードは前回の手書き文字認識のコードを参考にしました。
 (2338)

実行結果。これは誤識別しています。

実行結果。これは誤識別しています。

他の例についてもやってみました。これは正解してますね。
 (2341)

今回の記事では前回作ったネットワークを用いて画像の識別を行ってみました。

画像を機械が分類してくれるのは見てて楽しいですね。

これからも機械学習の記事を書いていきます。
25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

Neural Network with Julia 〜Kaggleの文字認識(DeepLearning)の前処理〜

Neural Network with Julia 〜Kaggleの文字認識(DeepLearning)の前処理〜

今回もNeural NetworkをJuliaで実装する方法についてご紹介します。
Deep learningで画像認識③〜ネオコグニトロンとは?〜

Deep learningで画像認識③〜ネオコグニトロンとは?〜

Deep learningは、画像認識において大きな成功を収めています。そこで用いられる多層ネットワークは、畳み込みニューラルネットワーク(convolutional neural network:CNN)と呼ばれており、画像認識に適した独特の構造を持っています。
木田智士 | 16,740 view
Deep learningで画像認識②〜視覚野と畳み込みニューラルネットワーク 〜

Deep learningで画像認識②〜視覚野と畳み込みニューラルネットワーク 〜

前回に引き続き、Deep learningで画像解析についてご紹介します。今回は、畳み込みネットが画像認識に適している理由を解説しようと思います。
木田智士 | 13,292 view
人工知能エンジニアMeetUp!#3〜医療ビッグデータの活用〜のまとめ

人工知能エンジニアMeetUp!#3〜医療ビッグデータの活用〜のまとめ

先日、「人工知能エンジニアMeetUp」と題して、医療ビッグデータの活用に関する講演がありましたのでその模様をご紹介します。
画像処理・画像解析エンジニアMeet Up! #3 〜Lp-tech2周年特集〜を終えて

画像処理・画像解析エンジニアMeet Up! #3 〜Lp-tech2周年特集〜を終えて

2016年7月22日に画像処理・画像解析エンジニアMeet Up! #3 ~Lp-tech2周年特集~がありました。様子についてご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

エルピクセル編集部 エルピクセル編集部