2016年9月30日 更新

プログラミング言語Juliaで学ぶ画像処理〜インストール、サンプル実行〜

Juliaというプログラミング言語を使って画像処理をする方法をご紹介します。

5,227 view お気に入り 0
今回はターミナルからいろいろするのはやめ、Jupyterという環境を使います。JupyterはJuliaとPythonの名前から来たものならしいですね。全く知らなかったです。

Jupyterを使うのは簡単です。Juliaを起動し、以下のように入力しましょう。
 (1973)

なお、これで失敗するときは
 (1975)

などをするとよいかもです。

成功すると以下のような画面が出てきます。
Jupyterの画面

Jupyterの画面

ここから自分の作業したいフォルダに移動し、右のNewからJuliaを選択しましょう。
 (1979)

以上で設定は終了です。

4. サンプルプログラムの実行

今回は画像の出力をやってみます。自分の作業しているフォルダに"01.png"と名前のつくファイルを置きました。
 (1983)

として
 (1985)

とすれば以下のようになります。
32 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ディジタル画像処理~pythonによる空間フィルタリングpart1~ 

ディジタル画像処理~pythonによる空間フィルタリングpart1~ 

ディジタル画像処理を解説します.今回は,代表的な空間フィルタリングをpythonで実行してみました。
亀谷 桃子 | 5,852 view
Julia と画像処理②〜画像のセグメンテーション(Seed Region Growing とFelzenszwalbアルゴリズム)〜

Julia と画像処理②〜画像のセグメンテーション(Seed Region Growing とFelzenszwalbアルゴリズム)〜

プログラミング言語「julia」を用いて画像処理を行います.インストールに続き,今回は画像のセグメンテーションのライブラリを用いて,セグメンテーションを行います.
画像の一部を消すInpainting という技術とその実装 (python)

画像の一部を消すInpainting という技術とその実装 (python)

Python + OpenCVにより,画像の修復の技術,「Inpainting 」の実装を行います.
2月のイベントがアツい・・・「Deep Learning×画像解析」ライトニングトークイベント by LP-tech

2月のイベントがアツい・・・「Deep Learning×画像解析」ライトニングトークイベント by LP-tech

2月のイベントについて告知します! (画像出展:https://i.ytimg.com/vi/czLI3oLDe8M/maxresdefault.jpg)
ImageJ Plugin で数値計算をしてみる #5

ImageJ Plugin で数値計算をしてみる #5

非情報科学研究者 (特に生物系研究者) が ImageJ plugin を作るために超えるべき壁やTipsをまとめます。今回は、面積の平均値や中央値、分散を出力するためのコードをご紹介します。
湖城 恵 | 5,929 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

エルピクセル編集部 エルピクセル編集部