2016年9月14日 更新

空間周波数フィルタ処理

以前、お隣の9つのピクセルを用いて、値を平均化したり、ガウス分布に変換するフィルタをかませることでノイズを軽減する手法をご紹介しました。

1,137 view お気に入り 0
以前、ご紹介したガウス分布に変換してノイズを軽減する手法は、いわばスマートフォンのアプリのフィルタのように、画像そのものに編集を重ねることでノイズを分かり辛くしよう(見た目のノイズを軽減しよう)というものでした。
 (762)

一方で、ノイズ情報自体は、実画像上でフィルタをかませても残っています。また、フィルタをかけることで、画像がぼやけてしまいます。そこで、ノイズ情報だけをうまく取り除くことは出来ないのでしょうか?
 (764)

そこで、画像の白黒の情報を細かい部分とおおざっぱな部分に分けることで、特にザラザラしている=白黒の変化が激しいところを取り除く方法もあります。
 (766)

細かい部分を白黒の信号変化が激しい=空間上の周波数が高い高周波数領域、おおざっぱな白黒の変化が見られる=空間上の周波数が低い低周波数領域、といったように捉えてみましょう。すると、ザラザラしている部分(=ノイズ)というのは、基本的に高周波数領域になりますので、高周波数領域を取り除くことが出来れば、ノイズ情報自体を画像から取り除くことが出来ます。
 (768)

方法は、Image JでメニューからProcess->FFTで画像をフーリエ変換し、周りの高い周波数成分(=ノイズの多いところ)を省いてあげると、画像が鮮明になります。

もし、ガウシアンフィルタや平滑化フィルタをかけて、画像の輪郭がぼやけるのが嫌な人は、是非試してみて下さい。
9 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ImageJ Plugin で数値計算をしてみる #5

ImageJ Plugin で数値計算をしてみる #5

非情報科学研究者 (特に生物系研究者) が ImageJ plugin を作るために超えるべき壁やTipsをまとめます。今回は、面積の平均値や中央値、分散を出力するためのコードをご紹介します。
湖城 恵 | 2,386 view
ImageJインストール(Mac)#ImageJの初心者から中級者まで#

ImageJインストール(Mac)#ImageJの初心者から中級者まで#

ImageJのインストールの仕方についてまとめました! 「ImageJってなに?」から「ImageJって面白い!!」へ!
三好 裕之 | 10,021 view
ImageJ まとめ

ImageJ まとめ

「このページを見れば,ImageJ のこと全てが解決する」をモットーに,日々更新を行っています.
三好 裕之 | 3,602 view
シリーズ5.ImageJマクロ言語を用いた画像解析~マクロ言語のまとめ2~

シリーズ5.ImageJマクロ言語を用いた画像解析~マクロ言語のまとめ2~

【記事の目標】 画像を触ったことがない人を対象として、適切な画像解析を施すまでのImageJのマクロ言語を用いた学習過程を示す。 今回の記事ではImageJのユーザー定義関数について学んでいきます。
ImageJ Plugin で大量の画像に対する自動処理 #4

ImageJ Plugin で大量の画像に対する自動処理 #4

非情報科学研究者 (特に生物系研究者) が ImageJ plugin を作るために超えるべき壁やTipsをまとめます。今回はスタック画像に対する ImageJ Plugin の作成方法を紹介します。
湖城 恵 | 4,127 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

エルピクセル編集部 エルピクセル編集部