2016年10月12日 更新

形状解析

今回は特徴量解析について、ImageJ(またはFiji)を使ってどうやればよいかについてご紹介します。

5,041 view お気に入り 0
 (2510)

周囲長(Perimeter)や幅と高さ、角度、長さ、輝度の分布などが表示されているのが分かります。
 (2512)

得られた結果(Result)は、メニューバーのSave asからExcelファイルとして保存することが出来ます!Rをご利用される方は、テキストファイル(.txt)に変換して統計処理することも出来ます。色々試してみて下さい!

手作業でROIを設定する方法は、いくつかあり、今回紹介した直線を引く方法と、
バイオイメージング研究のためのImageJによるデジタ...

バイオイメージング研究のためのImageJによるデジタル画像解析法(2012年6月版

選択ブラシツールでROIの形を手作業で作る方法があります。
バイオイメージング研究のためのImageJによるデジタ...

バイオイメージング研究のためのImageJによるデジタル画像解析法(2012年6月版

ROIを選択ブラシでいちいち決めていくのは、手間がかかりそうですよね。

次回は、より自動的に粒子の部分だけを抽出出来る「2値化処理」を用いた方法について紹介します!
23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ImageJ Plugin で数値計算をしてみる #5

ImageJ Plugin で数値計算をしてみる #5

非情報科学研究者 (特に生物系研究者) が ImageJ plugin を作るために超えるべき壁やTipsをまとめます。今回は、面積の平均値や中央値、分散を出力するためのコードをご紹介します。
湖城 恵 | 9,882 view
ImageJインストール(Mac)#ImageJの初心者から中級者まで#

ImageJインストール(Mac)#ImageJの初心者から中級者まで#

ImageJのインストールの仕方についてまとめました! 「ImageJってなに?」から「ImageJって面白い!!」へ!
ImageJ まとめ

ImageJ まとめ

「このページを見れば,ImageJ のこと全てが解決する」をモットーに,日々更新を行っています.
シリーズ5.ImageJマクロ言語を用いた画像解析~マクロ言語のまとめ2~

シリーズ5.ImageJマクロ言語を用いた画像解析~マクロ言語のまとめ2~

【記事の目標】 画像を触ったことがない人を対象として、適切な画像解析を施すまでのImageJのマクロ言語を用いた学習過程を示す。 今回の記事ではImageJのユーザー定義関数について学んでいきます。
ImageJ Plugin で大量の画像に対する自動処理 #4

ImageJ Plugin で大量の画像に対する自動処理 #4

非情報科学研究者 (特に生物系研究者) が ImageJ plugin を作るために超えるべき壁やTipsをまとめます。今回はスタック画像に対する ImageJ Plugin の作成方法を紹介します。
湖城 恵 | 24,618 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

エルピクセル編集部 エルピクセル編集部