2017年11月16日 更新

CTの原理①~ラドン変換~

CTの原理に関して詳しく説明します. 今回はRadon変換についてです.

16,275 view お気に入り 0
theta = 0:10:170; %% 投影する角度の設定
[R,xp] = radon(P,theta);
radon.mat
表示してみます.
figure, imagesc(theta,xp,R);
colormap(hot);
colorbar
xlabel('\theta');
ylabel('x\prime');
plot.mat
 (4387)

様々な方向からの投影が得られたと思います.
プロットしてみるとなかなか面白いですね!

4. 再構成方法

さて,Radon変換によって投影が得られました. では,投影からどうやって元の画像を復元するのでしょうか?

主に以下のような手法があります.

投影切断面定理を用いる方法

スパースモデリング

スパースモデリングは近年急速に流行っている手法なので,聞いたことがあるかもしれません. これらに関しては次の記事で説明していこうと思います.

参考文献

24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

VR解剖アプリを作る その2 ~Unity上でCTデータを扱う~

VR解剖アプリを作る その2 ~Unity上でCTデータを扱う~

3DデータをUnityに取り込んで、カメラで観察するアプリを作ります。 非VRとVRを実装します。
山田涼太 | 4,031 view
2月のイベントがアツい・・・「Deep Learning×画像解析」ライトニングトークイベント by LP-tech

2月のイベントがアツい・・・「Deep Learning×画像解析」ライトニングトークイベント by LP-tech

2月のイベントについて告知します! (画像出展:https://i.ytimg.com/vi/czLI3oLDe8M/maxresdefault.jpg)
ImageJ Plugin で数値計算をしてみる #5

ImageJ Plugin で数値計算をしてみる #5

非情報科学研究者 (特に生物系研究者) が ImageJ plugin を作るために超えるべき壁やTipsをまとめます。今回は、面積の平均値や中央値、分散を出力するためのコードをご紹介します。
湖城 恵 | 6,455 view
Event

Event

次回のイベントと過去のイベントをまとめていくページです.
ImageJ まとめ

ImageJ まとめ

「このページを見れば,ImageJ のこと全てが解決する」をモットーに,日々更新を行っています.

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

エルピクセル編集部 エルピクセル編集部