2016年9月13日 更新

Googleが最先端の画像処理能力を備えたTablet 向けの開発キットを発表

Google は、Project Tango 開発キットの有効性を公表した。このキットは、環境の完全な3次元的なモーションの追跡と面情報の取得を行うアプリケーションの開発を可能にするものだ。

87 view お気に入り 0
Tango 開発キットは、NVIDIAとの協業によって開発され、新しい Tegra K1 モバイルプロセッサ対応を含み、コンピュータビジョンと3次元センシング向けに設計されたプラットフォームの提供を狙っている。

Project Tango は、以前はモトローラ社の一部門であった Google's Advanced Technogy and Projects(ATAP) グループによる、スマートフォンとタブレット用のプロジェクトの一つである。 Project Tango は、「モバイルデバイスに対して、人間スケールの空間と運動の理解力を与える」という目標を立てている。 Google によれば、「空間と運動について知ることは、我々が環境と相互作用したり、我々同士が相互作用する方法の基本です・・・しかしまだ、我々のモバイルデバイスは、物理世界はスクリーンの境界線のところで終わっているという前提に立ったままです。」

Project Tango 7インチ開発キットは新しい NVIDIA Tegra K1 プロセッサによって強化されており、4GBのRAM、128GBのストレージ、モーション追跡カメラ、統合された距離計測機能、Wifi、BTLE、および4G LTE通信を利用可能である。このデバイスは、エンドユーザ向け製品ではなく、ウォールストリート・ジャーナルによれば、Google は「来月の初旬に、約4,000のプロトタイプタブレットを生み出すことを計画している」そうである。

今年の2月、Googleは選ばれた開発者に対して、Androidスマートフォン風のプロトタイプデバイスを配布した。このデバイスはデバイスの3次元的な移動を追跡し、さらにその周囲の環境(空間)の3次元モデルを構築することができる。このプロトタイプ上で最初に構築されたアプリケーションの1つが、ドローンに搭載したプロトタイプがドローンの操縦をいかに支援できるかを調べようという、ペンシルバニア大学のプロジェクトであった。

Tech Republic の Cornner Forrest 氏によれば、開発者に初期のプロトタイプをリリースしたことにより、『役に立つアプリケーションを見つけ出すことを開発者に強く』依存するという『Googleの典型的な製品開発戦略に従っている』ことを示しているという。この種のアプリケーションによって、こうしたデバイスから集めたデータのクラウドソーシング化によって、地図データの生成を支援できるかもしれないが、プライバシーの問題を引き起こすかもしれない。なぜなら『Googleは建物の内部の3Dマップを可能にするつもりがあるのかどうか、という疑問があるからです』と Forrest 氏は述べている。

興味のある開発者は、Project Tango 開発キットが今年後半に(予価1024ドルで)発売開始された際に通知を受けられるように登録が可能である。

(InfoQ)
1 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

画像の一部を消すInpainting という技術とその実装 (python)

画像の一部を消すInpainting という技術とその実装 (python)

Python + OpenCVにより,画像の修復の技術,「Inpainting 」の実装を行います.
三好 裕之 | 722 view
画像のFilter をPython で視覚的に理解する (Gaussian, Edge 抽出).

画像のFilter をPython で視覚的に理解する (Gaussian, Edge 抽出).

Python を用いて,画像のFilter を視覚的に理解してみます.コードを載せていますので,実装可能です.
三好 裕之 | 2,549 view
スパースモデリング ~少量データから画像を復元~

スパースモデリング ~少量データから画像を復元~

matlab のコードをもとに,スパースモデリングとは何かについて説明します.今回はスパースモデリングの説明です.
三好 裕之 | 2,165 view
Pythonで画像処理② Data Augmentation (画像の水増し)

Pythonで画像処理② Data Augmentation (画像の水増し)

画像の水増し、Data Augmentationと呼ばれる方法になりますが、学習に使う画像に変形を加えたり、ノイズを加えたり、明るさを変えたりといった処理を行う方法を紹介します。学習画像に様々な処理を行うことで認識がロバストになるというメリットがあります。
望月 優輝 | 12,434 view
点像分布関数の話

点像分布関数の話

光学系を理解するうえで前提として知っておいた方が良い内容
Yoshiyuki Arai | 677 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

エルピクセル編集部 エルピクセル編集部