2016年9月13日 更新

JPEGに代わる新しい画像処理BPG

JPEGと同じ圧縮率でも解像度を高く保つことが出来る圧縮方法が開発されました。

428 view お気に入り 0
 (207)

(上のLena画像は右がBPG(5836bytes)、左がJPEG(5872bytes))
まだMacはコンパイラが対応してなくて、Windows対応だけのようである。今後に期待したい。
JPEGは小さめにしておけばさほど気にはならないが、Webページで大きな画像を表示しようとするとJPEGでは画像が粗くなってしまうが、質を高めると画像容量が重くなってしまう。

開発したのはフランスのエンジニア。圧縮処理した画像を変換出力する際の損失を少なくすることが出来るそうだ。

JPEG圧縮では、画像を波形として捉え、周波数変換という手法で画像の大まかなところと細かいところに分けて考え、再現しにくい細かい部分を間引く処理を行っている。

JPEGでは周波数変換の際に0~7番目迄の余弦波を用いて変換する。これをDCT(離散コサイン変換)と呼ぶ。DCTは周波数成分を8x8のマトリクスによって再現する。

この方法で変換、復元を行うと、元の画像では見られなかったノイズ、モスキートノイズ、ブロックノイズが発生してしまう。JPEGは便利だが、こうしたノイズが難点だ。

BPGでも、同様にDCTを行っているようだが、変換処理のプロセスがJPEGと異なるそうだ。こうした問題を解決してくれるだろう。
<参考URL>
BPG Encoder and Decoder(Github)…C++で書かれているみたい。
BPG Image Format(Fabrice Bellardさんサイト)
4 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

Extracting Straight Lines〜画像から境界線を効率よく求める方法〜

Extracting Straight Lines〜画像から境界線を効率よく求める方法〜

本記事では,IEEE Transactions on Pattern Analysis and Machine Intelligence に投稿された,「Extracting Straight Lines」の論文を説明し,実装を行います.1986年に投稿された少し古めの論文ですが,アイディアは非常に面白いです.
三好 裕之 | 1,326 view
ディジタル画像処理~pythonによる空間フィルタリングpart1~ 

ディジタル画像処理~pythonによる空間フィルタリングpart1~ 

ディジタル画像処理を解説します.今回は,代表的な空間フィルタリングをpythonで実行してみました。
亀谷 桃子 | 2,300 view
Morphology (モルフォロジー) 変換の実装 ~ Python + OpenCV ~

Morphology (モルフォロジー) 変換の実装 ~ Python + OpenCV ~

画像処理の一つ,モルフォロジー変換をPython と OpenCVのライブラリを用いて実装し,それを2値画像に対して適用します.
三好 裕之 | 2,657 view
Julia と画像処理②〜画像のセグメンテーション(Seed Region Growing とFelzenszwalbアルゴリズム)〜

Julia と画像処理②〜画像のセグメンテーション(Seed Region Growing とFelzenszwalbアルゴリズム)〜

プログラミング言語「julia」を用いて画像処理を行います.インストールに続き,今回は画像のセグメンテーションのライブラリを用いて,セグメンテーションを行います.
三好 裕之 | 2,184 view
Medical Imaging Tech Night開催のお知らせ

Medical Imaging Tech Night開催のお知らせ

2018年11月25日(日)~11月30日(金)まで米国シカゴにて開催される「RSNA2018(第104回北米放射線学会)(※1)」の「Machine Learning Showcase」にて出展いたします。そこで得た最新の情報を元に、医用画像解析・機械学習に関するプレゼンテーションおよびトークセッションと交流会を実施いたします。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

エルピクセル編集部 エルピクセル編集部